【速報】令和3年度「SDGs未来都市」


先程、令和3年度「SDGs未来都市」のプレスリリース情報が

内閣府地方創生推進室より解禁されました。


自治体によるSDGsの達成に向けた優れた 取組を提案する都市を「SDGs未来都市」として31都市を選定し、特に先導的な取組を「自治体SDGsモデ ル事業」として

選定するものですが、平成30~令和2年度の3年間で「SDGs未来都市」93都市、「自治体SDGsモデル事業」30事業を選定した形になります。


今回も各自治体の取り組みが期待されますが、特に沖縄県の「沖縄モデル」には

注目しています。ステークホルダー間の連携とパートナーシップによる相乗効果を

とても期待しています。


個別にみてみないと判りませんが、どれだけ分かりやすい指標と目標数値を設定して

いるのか、その数値目標は現実的で実現可能性に向けて、自治体が関係者を巻き込めるのか

が気になります。でなければ、政府の決定に従いプラン発表だけの「絵に描いた餅」で

終わってしまいかねません。(我が国は、そういうことを繰り返してきましたから)


各自治体間での連携と情報発信から目が離せませんね。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示