コンステレーション


人間とは、いわゆる「意味」を見出だしたがる生き物だともいえる

とかく因果関係で、ものごとを考え納得しようとしがちなのかもしれない。


しかし人間は直観的にものごとを把握したり、イメージを捉えることで

本質をつかもうとする霊性も持ち合わせている。


誤解なく他者とわかりあい、共感的に分かち合うことができるとしたら、

きっと人は理屈や道理では考えない、考える前にすでに決しているものだ。


日本の心理学で「河合隼雄先生」の著者や講義に触れない人はいないだろう。

河合先生は、それを「コンステレーション(布置 / 配置)」という表現で

説明してくれている。「気配をつかむ」ことの重要性を伝えてくれている。


一見、無関係な点と線に、私たちは何らかの「示唆」を感じとり、

後付けで意味づけしていく。納得する場合も、後悔することもある。

考えるよりも感じる大切さ、それは対人関係やビジネスの意思決定にも

ある意味重要な気づきを与えてくれる。


コロナの第4波で、多くの人が悩み、選択を迫られている中

私たちは因果関係だけで、納得したり腑に落ちることが難しくなっている。

そんな中なにを頼りに考え、決めるのに躊躇している。


こんな時代だからこそ、「気配」を感じることが

とても大切な気がしています。







3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

原点