五つの短い章からなる自叙伝




第1章


私は通りを歩く。

歩道に深い穴がある。

私は落っこちる。

私はどうしたらいいのかわからない、・・・どうしようもない。

これは私の間違いじゃない。

出方がわかるまでものすごく時間がかかる。


第2章


私は同じ通りを歩く。

歩道に深い穴がある。

私はそれを見ないふりをして、

またまた落っこちる。

また同じ場所にいるのが信じられない。

でも、これは私の間違いじゃない。

やはり出るのにずいぶん時間がかかる。


第3章


私は同じ通りを歩く。

歩道に深い穴がある。

それがあるのが見える。

それでも私は落っこちる、・・・これは私の習癖くせだ。

私の目は開いている。

自分がどこにいるのかわかる。

これは私のしたことだ。

すぐそこからでる。


第4章


私は同じ通りを歩く。

歩道に深い穴がある。

私はそれを避よけて通る。


第5章


私は別の通りを歩く。


******************************************************

交流分析や心理学の領域で、よく取り上げられる「詩」です。

誰かのせいにするのではなく、

何かのせいにするのでもなく。


ただ「いま、ここ」の生き方を選びたいものですね。

自らの人生脚本を書き換えることが、

人生を楽しく生きるヒントなのかもしれません。


思い込みの人生脚本から自由になること、

それが人の持つ「自律性」なのだと私は思うのです。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

原点