SDGsは免罪符ではない



電車の中も、テレビもニュースも「サステイナブル」という

キーワードが目に入る。


いまや「SDGs」への認知は、驚くほどに高まり

もはや「ブーム」といえるほどに広がりを見せている。


地域の活性化も含め、多くの取り組みが活発に展開されていて

それにともない「?」と感じることも増えてきた。


本当の持続可能な社会というのは、循環型の共生圏であり

地産地消を基盤とする生活ではないだろうか?と考える。


多くのコンサルタントや企業が、熱い思いをもって

地方創生や人口減に取り組むことは素晴らしい……

だがそうではなく「SDGs」を隠れ蓑にして、対価交換で

地方の資源が安く買いたたかれたり、搾取されている事例も

数多く存在するのも事実だ…

地域の基盤を破壊することなく、誰ひとり取り残さない社会を

実現することに注意を向けるべきではないだろうか?


SDGsは免罪符ではない。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示